新型コロナ感染予防

完全ではありませんが、ひとつの参考材料として、ご利用ください。

人との接触を減らす
■過去1ヶ月で2m以内で対面して会話した人の人数
3人以下
3人〜30人
30人以上


【解説】
対面で会話する場合は、両者でマスクをしましょう。
会話する場合は、2m以上の距離をおくよう工夫しましょう
オンライン化できる場合はオンライン化しましょう。

■オフィスの対策チェック
・常に換気しましょう(風速3m以上)
・同じ部屋にいるのは10名以下
 大部屋の場合は部屋を区切る、席の間隔を広げる、パーティションの設置、マスクの着用などである程度は対策が可能です。
・声を出さない、会話しない

【解説】
新型コロナウイルスは、無症状の人からの感染にも注意が必要です。
そのため、誰かがコロナだった場合も想定し、感染拡大を最小限に止めるための環境づくりが求められています。
中規模以上のオフィスはトイレや、給湯室など供用部分の接触感染にも十分な対策と注意が必要です。
BCPの確認のほか、発熱があった場合は出社させない、業務の共有しておくなど基本的な点も重要です。
■店舗のコロナ対策チェック
できるだけ、以下の5項目全てにチェックが入るようにすることで、感染リスクを下げることができます。
十分な換気ができている(もしくは、野外風あり)
人との間隔は2M以上とれている
一時的に会話をする場合はマスクを着用できている
同じ部屋には10名以下
人が触る部分は定期的に消毒、手洗いの徹底



解説
「濃厚接触の基準としては1m以内で15分以上」の接近状態となっています。
対面で会話する場合は、両者でマスクをしましょう。
会話する場合は2m以上の距離をおくよう工夫しましょう
オンライン化できる場合はオンライン化しましょう。
ハイブリッド自粛
コロナ感染 危険施設