2019年4月

政府、紙幣刷新へ 1万円札は渋沢栄一 (2019/4/9)

「まずはポイントを動かしてほしい」 KDDIに聞く、スマホ決済「au PAY」の狙い (2019/4/9)

静岡県浜松市のタクシー会社5社がPayPay導入 (2019/4/4)

セブン&アイHD、スマホをツールとしたバーコード決済「7pay(セブンペイ)」サービスを7月より開始:日本経済新聞 (2019/4/4)

「セルフレジ」 ローソンが全店舗で導入へ 人手不足に対応 (2019/4/1)

カードレス

キャッシュレス化のもう一歩先として、カードレス化がある。
お財布を持っている人の多くが、ポイントカードや、証明書などのカードを持ち歩いていると思う。

しかしながら、スマホによるカードレスというのも、少しずつではあるが増えている。

ポンタカード
楽天ポイントカード
モバイルTカード
ビックカメラポイント
無印ポイント

カードを減らす(まとめる)

冒頭のように、ポイントカードもやその他のカードをスマホに集約してしまうのがシンプルだが、
スマホが使えない時の予備だったり、お財布の使い分けとして、カードを集約するというのも、
ありだと思う。

fuze card
https://www.fuzecard.com/

もう少し広く利用が認知され、EMV対応だったり、ポイントカードの対応などが進めば
もっと日常的に利用できるだろうが、現状だと、ちょっとコンセプト的なアイテムかなと思う。

電子マネー 最強の組み合わせ

ビューカード+モバイルSuica+Apple Watch

理想を言えば、ビックカメラのビューカード+Apple Watch、
もしくはスマホでモバイルSuicaでオートチャージというのが電子マネーによる支払いとしては便利だと思う。

しかし、ビックカメラは使わないとか、ビューカードの年会費払いたくないとかで
オートチャージを使っていないという人も多いと思う。

モバイルSuica

カード型のSuicaに比べれば、チャージをスマホで行えるという意味で、少し便利なのがモバイルSuica。

iD / QuicPay

厳密にはちょっと違うのかもしれないが、クレジットカードを、 Suicaのように非接触にするサービスと思うとわかりやすいと思う。
対応店舗が、少し少ないが、チャージの必要がないので便利。
QuicPayに対応している場合は、優先的につかって、残りをモバイルSuicaでカバーするという使い方もありだと思う。

カード型電子マネー

楽天Edy,WAON,Sucia,PASUMO,Nanaco まあ色々あるけれど、
・交通系を使う人は交通系
・コンビニやスーパーをよく利用する人はそれにあわせた電子マネー
というのが、よくある組み合わせになるかと思う。

2018年11月

首相「ポイント還元率5%を9カ月」検討 消費増税対策 (2018/11/22)

日本初!Visaと三井住友カード、Visaのタッチ決済対応「リストバンド型プリペイドカード」を発行 (2018/11/21)

“キャッシュレス決済の課題”に関する誤解 (2018/11/12)

小規模オフィスでも手軽に導入できる“キャッシュレス自販機” (2018/11/07)

子ども6割がキャッシュレス決済を経験済み、お金についてどう教える? (2018/11/06)

東京ディズニーリゾートで電子マネー決済が可能に–QUICPayやSuicaなど12種類 (2018/11/05)

プロント/「二重橋スクエア」に初のキャッシュレス店舗、30店展開へ (2018/11/05)

キャッシュレス化を進める方法

日本のキャッシュレス化が遅れている原因は主に
・現金が優秀
・カード決済の手数料(導入店舗側)
この2つがあげられる。

現金(特に紙幣)が優秀であることは悪い事ではないのだが、いつまで紙幣を使い続けているというのもどうかと思う。
では、どうしたらキャッシュレス化が進むだろうか。

政府による
・キャッシュレス取引を優遇
・現金取引にペナルティの追加

決済会社や、利用店舗による
・努力、競争
というのが、ごく一般的に考えられているものだと思う。
それらもあってもよいが、ここまでの進捗を考えると、もっと大胆な対応策が必要だと思う。

私が思うに一番の問題は、日本の紙幣が使いやすい事が問題であり、そっちをどうにかすべきだと思う。

・サイズ、形状、額面などからして扱いにくそうな新札に切り替える。
 これは財布に入れにくくするという効果と、自動販売機での紙幣対応を遠ざける狙いがある。

・新札を減らして、臭い、汚いお札を流通させる。
 これをすれば、比較的潔癖な日本人はすぐに、カードや、スマホに移行すると思う。

細かい部分を言えば、
Amazonが銀行を初めて、入金から消費まで抑えてしまうとか、
カード会社と、銀行を一体化させるとか、
キャッシュレス取引を税優遇するとか、色々な推進案などあると思うが、費用対効果の高いキャッシュレス化は、
現金側の優位性を下げる事だと思う。

2018年10月

Suicaが使えるラーメン屋(東京編) (2018/10/30)

小規模オフィスでも手軽に導入できる“キャッシュレス自販機” (2018/10/31)

モバイルSuicaとJR東日本のウェブサービスから退会した話 (2018/10/21)

キャッシュレス社会では「現金派」が銀行のカモになる (2018/10/20)

キャッシュレスにするだけで「年3万円トクする」スゴ技 (2018/09/15)

Google PayのSuicaを徹底解説!年会費無料でSuicaチャージが可能 (2018/10/22)

「現金お断り」の店、管理から解き放たれた新しい価値 (2018/10/20)

JR東 ホームに「無人レジ」の狙い 実証実験スタート (2018/10/17)

一円玉は消えてしまうか…電子マネーに押され出番激減
(2018/10/15)

キャッシュレス時代に日本人が「現金主義」から抜け出せない真因
(2018/10/12)

子どもがいる親世代に聞いた「子どもの金融教育に関するアンケート」子どももキャッシュレス化!?約6割の子どもが現金以外の決済手段を使用!金融教育を始めるタイミング、第1位は「小学校1・2年」 (2018/10/5)

ポケットチェンジ、外貨の交換先にSuica/PASMOなど交通系ICカード9種を追加
(2018/10/4)

ソフトバンク、通信機能とディスプレイ搭載のクレジットカード
(2018/10/3)

地域交通ICカードとSuicaを1枚に、JR東日本らが着手 (2018/10/1)

キャッシュレス化時代の災害時への備え

キャッシュレス化というのは、基本的に現金の電子化であり、電気がまったく確保できないと決済ができないという問題が存在する。
では災害時のためには、何をしておいたらよいだろうか。

現金を用意しておく

普段は使わなくても、多少は現金を用意しておくほうが良いだろう。

とはいえ、現金で大金を自宅で保管しておくのはナンセンスだ。
いくら保管しておいても、被害にあうときは、たとえ金庫であっても被害にあってしまう。
大金を家に置いておくのは、強盗、空き巣などの平常時のリスクを高めることにもつながり本末転倒とも言える。

じゃあ銀行ならどうか?
ATMにしてもも窓口にしても、残高を照会するのは、コンピューターなのだから、電源が必要である。
スマホやキャッシュカードが使えないときのために、何日分かの生活できる現金があれば、よいだろう。

むしろ、災害時は、お金より、まずは身の安全の確保、そして、飲料、食料、電池、その他ちょっとした備品が重要だ。

停電になっても、電子マネーなどの早期復旧を目指す

今や銀行とて、全ての預金を物理的に現金で保管しているわけではない。
既に、お金の電子化はどんどん進んでおり、今必要なのは、現金ではない。

停電になっても非常電源で、レジを動かして、電子マネー、レシートを発行している事例も既に出ている。
災害の多い国だからこそ、非常時の電源確保というのは重要だし、非常時にも最低限のサービスや、テクノロジーを
継続し、速やかに復旧させるのが重要な要素だと言える。

災害時は助け合い

地震の時に現金がなくて困った。という話は嘘ではないかもしれないが、
助け合いの精神があれば、食料の確保ぐらいなんとかなると思うが、どうだろうか。
災害時に重要なのは現金ではなく、日頃の備えと、助け合いなんじゃないだろうか。

金融危機と現金

災害が、金融危機を伴っていたら現金はどうなるだろう。
円がダメならドルはどうだろう?まあ円が危機的な状況になった時は、そのほかの通貨も大変な事になっているだろう。
現金が価値を失ったら、電子マネーだろうが現金だろうが同じである。
その場合は、金塊や、現物が役に立つかもしれない。

電子マネーの勢力図

しばらく以前の電子マネーの勢力図と最近を比較してみる。

Suicaは、ICOCAなどの JR系も含めるともう少し積み上がるだろう。
2009年と比べて大きく伸びてるのは、WAON、NANACOなどショッピング系が増加している。
さらに、そこに新たに加わってきたのがiD、QuickPayなどクレジットカードのスマホ化となっている。

2009年

2017年

Suica

SuicaはJR系でそろそろ統合したほうがよいだろう。
鉄道で日本の電子マネーブランドが分断されているメリットがわからない。

カードレス化(スマホ化)

クレジットカードを iDや、QuickPayなどを使い。クレジットカードをスマホに対応させる事で、カードレスが徐々に進んでいる。
さらに、最近のトピックとして、みずほSuicaが登場し、クレジットカードを持たない電子マネー利用者にもカードレス化の
サービスは徐々に広まりつつある。

QRコード決済

今の所国内では、QRコードによる決済は、一般化していない。
とはいえ、比較的大きなチェーンでないとSuica 導入店舗は少なかったりする。
そんな中、Amazonユーザーは Amazon Payにより、すぐにでもQRコードによる決済が利用できる状態にある。
小規模の店舗の場合、Suicaなどへの対応は、なかなか腰が重いし、 QRコードを使った、簡易的な電子決済にも、
対応店舗を獲得できる可能性が、まだ残されている。

今後の動向

ここまで電子マネーのサービスが乱立すると、ユーザーとしてはちょっと面倒だと思う。
ポイントで、利用者を増やすというのが、これまでのユーザー獲得争奪戦だったと思うが、
今後は、いかに小規模店舗を増やせるかという部分も、電子マネー勢力を広げるための材料になってくるだろう。

発行枚数も重要だが、結局のところ、店舗の負担と、利用者の負担を減らしつつ、ブランド力の強い
電子マネーに、ある程度は集約されるという所に落ち着くのかもしれない。
しかし、まだ決着はついていない。当面は規格乱立が続くだろう。

出典:
https://news.cardmics.com/entry/emoney-hakko-ranking2017/

キャッシュレス店舗

無人決済店舗、やります!in赤羽駅!
https://poppoya-venture.com/startup/%E7%84%A1%E4%BA%BA%E6%B1%BA%E6%B8%88%E5%BA%97%E8%88%97%E3%80%81%E3%82%84%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%99%EF%BC%81in%E8%B5%A4%E7%BE%BD%E9%A7%85%EF%BC%81/

フランフラン、キャッシュレス店開設 接客に時間
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35015170V00C18A9916M00/

Suica電子マネー専用自販機設置箇所
https://www.acure-fun.net/acure/vending_machine/suica_location.html

現金払い不可の飲食店、ロイヤルHD
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22984010R01C17A1000000/

スマホで入店、スマホで決済、モノタロウ~♪ 初リアルの無人店舗「モノタロウAIストア」が佐賀大学内にオープン
https://netatopi.jp/article/1113072.html