キャッシュレス化時代の災害時への備え

キャッシュレス化というのは、基本的に現金の電子化であり、電気がまったく確保できないと決済ができないという問題が存在する。
では災害時のためには、何をしておいたらよいだろうか。

現金を用意しておく

普段は使わなくても、多少は現金を用意しておくほうが良いだろう。
とはいえ、現金で大金を自宅で保管しておくのはナンセンスだ。
いくら保管しておいても、被害にあうときは、たとえ金庫であっても被害にあってしまう。

じゃあ銀行ならどうか?
ATMにしてもも窓口にしても、残高を照会するのは、コンピューターなのだから、電源が必要である。
スマホやキャッシュカードが使えないときのために、何日分かの生活できる現金があれば、よいだろう。

むしろ、災害時は、お金より、まずは身の安全の確保、そして、飲料、食料、電池、その他ちょっとした備品が重要だ。

停電になっても、電子マネーなどの早期復旧を目指す

今や銀行とて、全ての預金を物理的に現金で保管しているわけではない。
既に、お金の電子化はどんどん進んでおり、今必要なのは、現金ではない。

停電になっても非常電源で、レジを動かして、電子マネー、レシートを発行している事例も既に出ている。
災害の多い国だからこそ、非常時の電源確保というのは重要だし、非常時にも最低限のサービスや、テクノロジーを
継続し、速やかに復旧させるのが重要な要素だと言える。

災害時は助け合い

地震の時に現金がなくて困った。という話は嘘ではないかもしれないが、
助け合いの精神があれば、食料の確保ぐらいなんとかなると思うが、どうだろうか。
災害時に重要なのは現金ではなく、日頃の備えと、助け合いなんじゃないだろうか。

金融危機と現金

災害が、金融危機を伴っていたら現金はどうなるだろう。
円がダメならドルはどうだろう?まあ円が危機的な状況になった時は、そのほかの通過も大変な事になっているだろう。
現金が価値を失ったら、電子マネーだろうが現金だろうが同じである。
その場合は、金塊や、現物が役に立つかもしれない。